いよいよその日が来ました。 今から 改良されたプレイステーションプラスはどこでも利用可能です ヨーロッパ、したがって、加入者にプランをアップグレードし、によって提供される利点を利用する機会を与えます さまざまなエッセンシャル、エクストラ、プレミアムティア、の可能性を含む エミュレーションを介してPS1クラシックを再生する.

しかし、 先月アジア版のサービスで起こったように、この場合も 現在利用可能なほとんどのゲームは、50HzでPAL形式で実行されます.

YouTuberによって文書化されているように ミスティック その後、からの記者によって確認されました ビデオゲームクロニクル、Ape Escape、Everybody's Golf、Jumping Flash、Kurushi、Siphon Filter、Wild Arms and WormsWorldPartyなどのタイトルは 50Hzのリフレッシュレート 毎秒50フレームで、PAL形式のゲームの典型的な機能。

一方、ジャンピングフラッシュのような他のタイトルは、 特定のパッチ ゲームのPALバージョンを使用しても60fpsのフレームレートを返すことができます。 ただし、この手段は、次のような他の合併症を引き起こしました グラフィックアーティファクトとゴースティング効果の作成.

鉄拳2、ミスタードリラー、オッドワールド:阿部のオディゼーなどのゲームがついにNTSCバージョンでリリースされたため、「変更されていない」バージョンで最高速度でリリースされました。

この主題に関するさまざまなニュースが発表されてから数時間で、 プレイステーション・ヨーロッパ ソーシャルチャネルで次のように指定しています 将来的には、すべてのゲームのNTSCバージョンにアクセスできるようになります、ヨーロッパだけでなく、この問題に苦しんでいる他のすべての地域でも。

「PlayStationPlusプレミアムおよびデラックスプランで提供されるほとんどのゲームのNTSCオプションを、アジア、ヨーロッパ、中東、インド、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドの地域でリリースする予定です。」