去年のXNUMX月に予想されたように , 新しいプレイステーションプラスがアジアでリリースされました そしてついに、Sonyサービスの再開に手を差し伸べることができました。 しかし、東からの最初の報告はピンクと花以外のものです. 任天堂とその拡張パスの場合のように、によって提供されるPS1およびPSPタイトルのエミュレーション PSプラス 技術面でいくつかの欠点を示しました。

最初のインドネシアのユーザーレポート The_Marmolade PlayStationPlusプレミアムバージョンのゲームプレイを示しています サルゲッチュ(PS1)。 それを元のNTSCバージョンと比較する-おそらく実際のPS1コンソールで実行する- フレームレートだけでなく、コントロールの応答性にも違いが見られます、90年代のゲームのヨーロッパのPALバージョンの大きな欠陥。

レポートはからレポーターに届きました ビデオゲームクロニクル アンディ・ロビンソン、後でそれを確認した人 PS Plusで利用可能なすべてのファーストパーティPS1タイトルは、50HzのPALバージョンで実行されます.

確かにソニーが初めてではない チューインガム このようにして、独自のビンテージタイトルに向けて。 すでに2018年に、日系アメリカ人の会社は、 プレイステーションクラシックミニ、PS1時代の「偉大な古典」のいくつかを備えたミニチュアコンソール、 常にPAL50Hz形式であり、形式を変更する可能性はありません (改造による場合を除く)。

また、 昨日 ソニーは ストリーミングで利用できるPS3タイトルはDLCなしになります、不在は、のリリース時にすでに批判され、強調されています プレイステーション今。 あなたがカタログ内でそれを考えるとき、かなり奇妙な選択 数週間前に発表 などの株式名 アスラーの怒り。 2012年にカプコンがリリースしたアクションタイトル 消費者にやさしくない商慣行で多くの人に知られています、さまざまな有料DLCを介して終了するゲームを含めるなど。 現時点では、PlayStationPlusPremiumサービスを介してアクセスできないDLC。

現時点では、SonyもPlayStationのトップもこの話についてコメントしていませんが、これが "不器用" 打ち上げは一瞬の間違いであり、XNUMX月に予定されているヨーロッパでの新サービスの到着によって状況は解決するでしょう。