のCEO グラスホッパー製造 ゲーム市場で知られる須田剛一 Suda51は、中国の巨人によるソフトウェアハウスの買収を確認する新しい投稿をTwitterに公開しました NetEase.

「一緒に8年後、GrasshopperManufacturingはGungHoGroupからNetEaseに移行しました。 これからも、いつものように新しくてエキサイティングなゲームを作り続けていきます!」

ポストで、良い須田は、GrasshopperとNetEaseの間の合意がどのように会社の支配を提供するかを強調するために苦労しました。 マーケティング管理 およびリソース、したがって、それを須田と会社の歌手に任せます 完全なクリエイティブコントロール 彼らの次のゲームの開発で。

「NetEaseはGrasshopperManufacturingの強みを理解しており、喜んでサポートしてくれます。また、非常に信頼できるパートナーでもあります。 NetEase Gamesは、主に私たちの活動を計画し、ゲーム開発に十分な資金を提供する責任があります。 私たちは、私たちの商標と私たちを際立たせる品質を維持するために、創造的な部分と後者の制作に責任を負います。 さらに、ゲームアートと品質管理に関して、何百人ものアーティストと技術専門家で構成される内部チームからのサポートを受けます。 私たちはこのサポートを可能な限り活用し、今後10年以内にXNUMXつの高品質のGrasshopperタイトルを提供することを目指します。」