東京ゲームショウ2021に正式に参加していなかったにもかかわらず、吉田はファイナルファンタジーXVIの開発について話したかった。

スクエアエニックスパネルからの生放送中に、吉田直樹が東京ゲームショウ2021の大不在者であるファイナルファンタジーXVIのファンを更新しました。チャットも参加しました 坂口博信、佐賀の父であり、ソフトウェアハウスミストウォーカーの現在のリーダーであり、情報の流れの基礎でした。

坂口は実際、予告編から、ファイナルファンタジーXVIは、物語の最初のゲームから第XNUMX章までのように、完全にファンタジーのタイトルのように見えることを認めています。 プロデューサーはこの印象を確認し、 メインシナリオが完了しました 現在、サイドクエストの最終開発に取り組んでいます。 モデルが完成し、グラフィックコンポーネントの仕上げに取り組んでいます。 吉田はまた、キャラクター開発についてもほのめかしました。 スキルツリー.

ファイナルファンタジーXVIでクエストを書きたいと冗談めかして言った坂口とのチャットは続き、第XNUMX章でそれができるという吉田の反応に対して、歴史的な監督は彼が競争したくないと冗談を言い続けました作成されたコンテンツは、太郎陽子(NieRとドラケンガードの作成者)と松野靖美(ファイナルファンタジーXII、多くのタイトルの中でファイナルファンタジータクティクス)によって作成されました。

したがって、開発は非常に迅速に進んでおり、終わりに近づいているように見えます。 2022年にそれを見ることを期待できますか?