しかし、あなたはそれを覚えています クロノア? によって設計された2.5Dプラットフォーム 吉沢秀雄 (忍者龍剣伝)それ以来開発 ナムコ 最初のプレイステーションのために? ソニーの旗艦用にリリースされた最初のXNUMXつの章と、任天堂Wiiの小さなリメイクの後、日本のソフトウェアハウスのマスコットはほとんど、またはまったく見られませんでした。 しかし、この無駄のない期間はようやく終わりを迎える可能性があります。

サイトによって報告されたように Gematsu 実際には、 バンダイナムコ それは最近、小さなクロノアの宇宙に密接に関連している、またはそれに起因するXNUMXつの新しいブランドを登録したでしょう。 ワッフーアンコール キャラクターのキャッチフレーズのXNUMXつを思い出し、 1&2アンコール これは、1997年(クロノア:ファントマイルへの扉)と2001年(クロノア2:ルナテアのベール)にそれぞれリリースされたXNUMXつのタイトルに起因すると考えられます。

両方のブランドも用語を共有しています まだ 日本では、バンダイナムコがリマスターされたタイトルをオリジナルと区別するために使用しました(例:塊魂アンコールやミスタードリラーアンコール)。

噂ですので、ぜひニュースをお聞かせください 必要なプライヤーで。 同時に、私たちはあなたにあなたの意見を持ってもらうことを勧めます: クロノアの最初のXNUMXつの章のリマスターを購入しますか? 特に(クラッシュバンディクーのN.Sane Trilogyの場合のように)それらが 新しい章 シリーズの?