過去数時間で 内海州史、最高戦略責任者 SEGA、に興味深いインタビューをしました ファミ通、 彼は日本の出版社に属する様々なタイトルの将来の発売について話します。

ヤクザ:ドラゴンのように たとえば、ブランド全体で最初にリリースされたゲームでした。 同時に世界中で、以前のヤクザは日本市場向けにのみ発売されていましたが、その後は発売されました その後翻訳 西側にも。 しかし、内海自身が次のように宣言していることを考えると、Like A Dragonの成功により、SEGAは将来のリリースについて異なる考え方をするようになりました。 「同時リリース、さらには複数のプラットフォームでさえ、私たちのタイトルにのみ利益をもたらすことができます」.

ATLUS PC担当者

特に、マネージャーは、この世界的なペースの変化は、によって開発されたビデオゲームにも当てはまる可能性があると説明しました アトラス (シリーズの作成者 ペルソナ)。 明らかに、特にJRPGは 大量のテキスト 翻訳には時間がかかりますが、それでも内海によると 「これらの困難を克服することができるだけ多くの顧客を幸せにすることができるなら、それは確かに余分な努力をする価値があるでしょう」。