Bloodborneプロデューサーの山木和正明がソニージャパンスタジオを去る。 スタジオは別の大物を失います。

発表は、オフィスの外で撮った写真のおかげで、次のことを伝えているプロデューサーの山木和自身のツイッタープロフィールを介して行われます。

「今月末にソニー・インタラクティブエンタテインメントを離れますが、今後も新しいゲームを作るために頑張っていきます。 皆さん、ありがとうございました!"

これは、ソニージャパンスタジオ内での別れの後の最大の損失です。 富山敬一郎 -サイレントヒル、サイレン、グラビティラッシュの作者-そしてデモンズソウルのプロデューサー 鳥山輝之、そしてこれは私たちに社内の混乱の時期を思い起こさせるだけです。

見たい Bloodborneの続編 排他的なPS4から私たちを分離する何年もの死の沈黙のおかげで、ますます衰退しています。