ポッ拳トーナメントのプロデューサーである原田勝弘は、タイトルの続編に取り組みたいという彼の隠された願望を表明しました。 残念ながら、決定は彼にもバンダイナムコにも任されていません。
ほとんどのステートメントで今起こっていることとまったく同じように、それはすべて、日本の開発者のTwitterプロファイルで尋ねられた簡単な質問から生じています。 そのため、原田は、ニンテンドーWiiUとスイッチで発売された幸運なポケモンをテーマにした格闘ゲームの続編の可能性について質問しようとしているユーザーに返信しました。
「任天堂やポケモンカンパニーとは良好な関係にあり、ポッ拳は市場で大きな反響を呼んでいるので、また取り組みたいと思います。 しかし、彼らはこれを決定します。」
明らかに、任天堂とポケモンカンパニーは、ポッ拳トーナメントブランドの将来を決定します。 確かなことは、比較的成功したタイトルがたったXNUMXつの章の後で放棄されることは、本当に好奇心が強く、特異なことです。