キングダムハーツ:思い出のメロディー ついに出て、その機会に 野村哲也 日本の新聞にインタビューされました 電撃オンライン。 インタビュー中、サイトによって親切に翻訳されました Gematsu、悪名高い監督はに関連する計画について話しました 20周年 シリーズの、でリリースされた 2002 su PS2.

主なポイントの翻訳は次のとおりです。

  • NRAMA:KH3で話は終わりに達しましたが、まだいくつかの未解決の謎があります。
    R: 「開いたままのすべてのストーリーを閉じるつもりですが、形式も変更したいと思います。 世界を大きく変えて、新しい物語を語りたい」と語った。
  • Q:開発中に将来の計画を立てたことは何回ありますか? たとえば、元のキングダムハーツの開発中にロクサスのアイデアはすでに存在していましたか?
    R: 「私は通常、事前に続編を計画します。 オリジナルのKingdomHeartsに取り組んでいる間、私はChain ofMemoriesについて考えていました。 キングダムハーツ2とロクサスについては、新しい主人公との試合を考えていましたが、当時は具体的なアイデアではありませんでした。」
  • Q:キングダムハーツのゲームが次世代コンソールでどのようなゲームになるのだろうか…
    R: 「次世代のコンソールゲームを作るとしたら、他社からたくさんのタイトルが届いてから出てくるので、彼らと競争できるものを作っていくべきだと思います。 PlayStation5またはXboxSeries Xについては何も発表していないので、明らかに、これはすべて架空のスピーチです。」

最後に、野村はチームが すでに将来に向けて何かを考えています、そして私たちがおそらく見ているのは、ブランドのXNUMX周年の間に予定されていることです。 2022.