マイクロソフトが数年にわたって実施してきた購入キャンペーンは、まだ終わっていないようです。 ZenimaxとBethesdaとの合意が強まった後、日出ずる国からさらに無分別がやってくる。

背景を明らかにすることを考えます ブルームバーグの調査。 正体不明の日本のソフトウェアハウスは、実際、米国の報道機関のマイクに次のことを明らかにしたでしょう。 マイクロソフトは日本でいくつかの買収要求を行っています.

「大小を問わず、数人の日本を拠点とする開発者は、会社の株式を購入するために連絡を受けたと言っています。」

この情報はまた、今やますます主張していることで確認を見つけるでしょう PhilSpencerによる。