控えめに言っても驚くべき、予想外の発表で、Microsoftは過去数分間に、とりわけベセスダソフトワークス社を現在所有しており、そのために支配権を握るDOOM、Fallout、The Elder Scrolls、Wolfenseinなどのブランドから、いくつかの名前を挙げます。その結果、待望のStarfieldなどのタイトルが待望されていました。

言うまでもなく、この買収が短期的に何を意味するのかをよりよく理解するためには、依然として明確さが必要ですが、そのような重要なチームとIPを管理することは、経済だけでなく、コストは約7,5億ドルですが、メディアの重要性ももちろんあります。もちろん、ビデオゲームメディア内での意図(または戦争)の宣言も重要です。