サイト あきらかにアップル 今年6月XNUMX日に、 Apple。 プロジェクトは ビデオゲームのストリーミング そして今週公開されました。

特許のフルネームは 「5Gシステムでのクラウドレンダリングゲームのインタラクティブサービスの有効化」 また、映画やTVシリーズなど、他の非インタラクティブメディアで既に起こっているのと同様の方法で、ビデオゲームのストリーミングを容易にする目的があります。

特許自体の引用:

「ゲームはリモートサーバーに保存、実行、レンダリングされ、デバイスにストリーミングされます。 ストレージ、実行、レンダリングのためにロードされるのはサーバーであるため、ユーザーはデバイスの仕様に関係なくゲームを楽しむことができます。

コントロールはユーザーのデバイスからサーバーに送信され、サーバーはそれらを記録してからゲームに送信します。 既存の5Gシステムには、リモートビデオゲームのレンダリングプロセスを効率的にサポートする機能がありません。

その後、特許は非常に技術的な詳細に入ります、専門家以外には理解しにくい言語を使用しています。 Patently Appleについてもっと知りたい方はこちらから 特許全体。 

したがって、Appleはビデオゲームの世界での存在感を高めようとしています。 この特許はまた説明します iOSデバイスではStadiaもxCloudもサポートしないという決定。