ソニーの将来のフラッグシップであるPS5は、PS1、PS2、PS3との下位互換性が本当にある可能性があるため、新しい特許で提案されています。

ソニーは実際に多くの望ましいの操作を報告する必要がある新しい文書を提出しました 下位互換性を維持。 IGN USが報告したように、日本企業は物理的なものではなく、クラウドを介したデジタルエミュレーションを目指しているようです。 特許の内容は次のとおりです。

「多数のPS1 / PS2 / PS3ゲームをクラウドゲームライブラリ経由で保存できます。 これらは、それぞれのコンソールのオペレーティングシステムをシミュレートする仮想マシンで実行できます。.

上の画像に示すように、さまざまなコンソールが異なる仮想マシンによって読み取られ、読み取られたゲームがXNUMXつの仮想マシンに保存されます。 専用タイトルライブラリ 前述のゲームプラットフォームに。

もちろん、少なくともソニーが公式情報を発表するまでは、すべてペンチで取らなければなりません。