しばらく連絡がなかった マイケル・パックター ゲームの世界に関するあらゆるトピックについてですが、今は戻ってきました。 有名な市場アナリストは実際に ニンテンドー そして彼の」表現されていない可能性":Pachterによると、実際、日本企業は一種の アップルアーケード、利用可能なタイトルの膨大なカタログを提供するため。

これらは彼の言葉です:

任天堂には、他に誰も持っていないことが100つあります。それは、5を超えるポータブルゲームを含む巨大なカタログです。 ある種のApple Arcadeを作成し、数千のゲームでサービスを作成した場合、XNUMX億人の加入者に月額XNUMXドルで提供してもらえることになります。

確かに任天堂のすべての昔の栄光を考慮すると、日本企業は 巨大なカタログ 何百万人ものプレイヤーを幸せにするために使用できるタイトルの数。

パクターかどうかは明確ではありません 意味 Nintendo Switchやスマートフォン/ PCでのこのようなサービスですが、そのアイデアは確かに興味深いものです。