Le ゲームルーム イタリアでは、それらはXNUMX年以上の間ほとんど絶滅しています。 ますます高度で安価なコンソールが機能し始め、インターネットはクーデターをもたらしました。 しかし、世界の反対側では、アーケードが時代遅れになったことはありません。 日本では、これらの場所は今でも非常に大きな成功を収めており、今では世界で唯一のものとなっています。 日本のアーケードチェーンの多くは大規模なビデオゲームパブリッシャーが所有していますが、一部の独立したアーケードはまだ抵抗しています。 これらのミカドの 池田実。

東京の駅近く 高田馬場、 ミカドは日本の首都でレトロゲームをする伝説的な場所です。 しかし、他の重要な活動と同様に、この伝説的なアーケードはまた、 コロナウイルスのために閉じます。 この強制閉鎖の直接的な結果は、収益の垂直方向の減少でした。 アーケードの小さなチェーンを拡張するために投資したばかりの所有者である池田にとって、ひどい瞬間に起こる打撃 広島と大阪。 

池田は資金不足のため、営業をやめざるを得なくなったため、ファンの方に目を向けた。 スルー キャンプファイア日本のクラウドファンディングサイトである ミカドを救うキャンペーン。 寄付額は500〜4万円(9.000〜XNUMXユーロ)で、一連の報酬にアクセスできます。 これらは池田の単純なおかげから、ゲームルームで行われる将来のゲームの割引のおかげで、トーナメントを組織する可能性までさまざまです。

キャンペーンは11月XNUMX日土曜日に生まれました、 そして、数時間で最低目標の20.000.000千万円に達しました。 現在のところ、募金額は総額26.820.271円、 回収目標の134%A。 資金調達はさらに26日間続きますが、日本人がいまだに彼らのアーケードをどれだけ維持しているかをすでに示しています。