クーパーはリアルなレーシング体験を可能にするデータを提供

オハイオ州フィンドレー–(BUSINESS WIRE)–(BUSINESS WIRE)–コロナウイルスが原因でレースシーズンの開始が遅れ、クーパータイヤが発表したRoad to Indyは、新しい2000レースeシリーズでバーチャルになりました。 eシリーズでは、クーパータイヤが提供するインディライト、クーパータイヤが提供するインディプロ2000チャンピオンシップ、クーパータイヤUSFXNUMXチャンピオンシップのドライバーが、レースシミュレーターを使用して互いに競うことができます。

Road to Indyの独占的なタイヤサプライヤーとして、ドライバーはバーチャルコンテストでクーパータイヤで競争し続けます。 クーパーは、レーシングシミュレーション会社iRacingにパフォーマンスデータを提供し、レースカーの仮想ハンドリングとタイヤパフォーマンスが、ドライバーがトラックで体験するものを反映することを可能にし、現実的なレースエクスペリエンスを向上させました。

「この仮想レースシリーズは、ファンがスポーツに従事し続ける機会を与え、ドライバーは競争する能力を手に入れます。 クーパータイヤのモータースポーツディレクター、クリスパンターニ氏は、この革新的なソリューションを実現するために、Road to Indyの関係者が一堂に会するのを見るのはとても興奮しています。 「ファンは、毎年春に予想されるようになったレースを楽しむだけでなく、仮想コースでクーパーのタイヤが動作するのを目にするでしょう。 パフォーマンスデータとレースタイヤのサイドウォールの詳細な図面を提供してレーサーとファンの両方に現実的な体験を提供してくれたヨーロッパテクニカルセンターチームに特に感謝します。

28つのコンペティションシリーズは2000月2000日から始まり、12月末まで土曜日に続くレースが開催されました。 バーチャルシリーズのストリーミング報道と解説は、レース前とレース後のセレモニーなど、伝統的なレースの週末を反映しています。 レースは、facebook.com / coopertireのCooper Tire Facebookページのライブストリーム、およびRoad to Indy TVのWebサイトとアプリで見ることができます。 ApexRacingTVのYouTube、Twitter、Facebookフィード。 iRacing eSportsネットワーク; USF45選手権、インディプロ1選手権、インディライトのFacebookページ。 さらに、生放送はMAVTV Canadaによって実行されています。 取材は毎週土曜日の午後XNUMX時XNUMX分東部から始まり、レーサーは午後XNUMX時頃にグリーンフラグを取得します。

シリーズのバーチャルレースコースには、バーバーモータースポーツパーク、サーキットオブアメリカ、インディアナポリスモータースピードウェイ、ロードアメリカ、ミッドオハイオスポーツカーコースなど、Rooper to Indy Presented by Cooper Tiresのスケジュールで最もよく知られているトラックが含まれます。

Cooper Tire&Rubber Companyについて

Cooper Tire&Rubber Company(NYSE:CTB)は、乗用車、軽トラック、中型トラック、オートバイ、およびレーシングタイヤの設計、製造、マーケティング、販売を専門とするグローバル企業グループの親会社です。 クーパーの本社はオハイオ州フィンドレーにあり、製造、販売、流通、技術、設計の業務を世界中の数十か国にある企業グループで行っています。 クーパーの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.coopertire.com, www.facebook.com/coopertire or www.twitter.com/coopertire.

連絡先

メディア連絡先:
ミーガン・ジェームズ
419.424.4251
majames@coopertire.com

ソースビジネスワイヤ