シリーズの歴史の最後の章である鉄拳7の成功 バンダイナムコ コンソールに到着してから3年たっても停止しないようです。 を含む新しいキャラクターの紹介を見たXNUMXシーズンパスに到着しました リロイ・スミス そして、古い栄光のような ザフィーナ、タイトルは5万部に達しました。

TEKKEN 7タイトルのプロデューサーであることを確認するには、 原田勝四郎 ソーシャルチャネルを通じて。 したがって、鉄拳7は、この世代の日本で最も売れている格闘ゲームのXNUMXつになり、次のような他のタイトルが並ぶ スーパースマッシュブラザーズアルティメット (15 Mln)と長年のライバル ストリートファイターV (4 Mln)e モータルコンバットX (11 Mln)。 さらに、Twitchの数字は、シリーズの最後の章の人気が高まっていることも示しています。 最後の間に EVO、視聴者の総数は250.000人のユーザーに達しました。