任天堂とIntelligent Sistemは日本特許庁に出願しました 特許 特定のキャラクターへの関心を高め、より具体的には、前述のキャラクターからアイテムを入手するようにプレイヤーを促します。

「システムは、要件が満たされたときに、キャラクターに属するアイテムをユーザーに寄付します。 システムは、特定のキャラクターや別のキャラクターに関連するゲームオブジェクトなど、ユーザーが取得したオブジェクトに基づいてゲームを処理します。 ユーザーがキャラクターアイテムを所有しているかどうかに関係なく、ゲームの結果により、キャラクターに続くパラメーターが更新されます。 パラメータが要件を満たしている場合、プレーヤーがオブジェクトを所有しているかどうかに関係なく、システムはこのキャラクターが表示されたイベントを実行します。」

任天堂特許2 任天堂特許

特許の画像は、Fyre EmblemフランチャイズとForging Bondsイベントを参照しています。 イベント中、プレイヤーはXNUMX人のヒーローのXNUMX人に対して愛情ポイントを獲得します。十分なポイントが揃うと、パーティーの羽や装飾品のロックを解除します。 イベントのキャラクターを取得できなかった場合、とにかく愛情ポイントを取得し続けます。

任天堂が発売

どうやら上記は任天堂が出願した唯一の特許ではないようです。 Joy-Conを備えたタッチペン、ポケモンレンジャーとニンテンドーDSのキャプチャシステムを思い出させ、全体像を取得するだけでもあります 受動歩行装置。

任天堂が提出したライセンスについてどう思いますか? このシステムは特定のキャラクターへの関心を高めるのに効果的だと思いますか、そうでないと思いますか? それまでの間、XNUMX年前にバルブを離れたマーク・レイドローは、 Half-Life:Alyxのプロットを書くために相談されましたか?