任天堂のE3 2019の終わりに、日本の会社は、 「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」の続編。 トーンが前作よりも暗くなることを除いて、ゲームについてはあまり知りませんが、任天堂はこれらの時間にいくつかを公開しました 示されているトレーラーの舞台裏のスケッチ.

上にあるのは 初期アートコンセプト の横に表示 モーションキャプチャアクター。 私たちも見ます リンクアニメーション CG 3DアプリケーションであるMaya内で処理されており、最新の画像が表示されています 最終結果。 画像は ウェブサイト 任天堂の日本の人材紹介会社。

それは非常に少ないですが、前任者としての素晴らしいゲームに関する限り、私たちは満足することができます。