ファイナルファンタジーVIIリメイクは、これらの時代の最も人気のあるプロジェクトの1つであり、現在、日本人のおかげで、7分の広告もあります。

アニメシリーズからビデオゲームまで、日本のプロダクションがいかに贅沢になり得るかをご存知の方もいらっしゃいますが、今回は広告次第です。 7分で、 ファイナルファンタジーシリーズの歴史的な章の1つに捧げられた苦情は、昇る太陽に関する最長の放送の1つです。

プロモーションビデオ、2番目 GameSpark、Beat Takeshiが主催する毎年の27のプログラミング時間ブロックの後、週末に放映されました。 スポットには、久保田正孝、もいら美里、玉山哲二などの有名な俳優が出演しています。

いくつかの点で短編映画と見なすことができるコマーシャルは、ファイナルファンタジーVIIをプレイしたことがないビジネスマンを見ています。

ビデオでは、クボタが演じた男は妻のものであるゲームのコピーを見つけましたが、残念ながら自宅にプレイステーションがなければプレイできません。 職場では、主人公の上司はファイナルファンタジーVIIについて語り、その後、彼の妻は弟と遊んだときのことも覚えています。 久保田は最終的にこのゲームに非常に興味を持ち、妻と一緒に自宅でプレイできるようにプレイステーション4を購入しに行きます。

すべてのビデオゲームが私たちの日常生活の一部であり、この短い数字がそれを理解した後、単なる広告であるために、日常生活の中でビデオゲームについて大人がほとんど普通の方法で話しているのを見るのは素晴らしいことです。 何も見逃さないようにするために、ニュースの一番下にはバージョンがあります 13分.

ファイナルファンタジーVIIリメイクの「ショート」についてどう思いますか? ゲームに参加しますか、それとも購入するかどうかまだわかりませんか? 裁判所といえば、あなたは将来小島秀夫と聞いたことがあります 映画を作ってもらえますか?

注釈

答え