バンダイナムコ 訴訟を起こしている レトロコンソールメーカーのAtGamesに対して 著作権の侵害 世界のキャラクターの使用について ミズ・パックマン.

それ以来、料金は本当に深刻なようです。 紛争による カリフォルニア北部地方裁判所で、Bandai Namco America Inc(BNEA)は、AtGamesがMs.Pac-Mancheのバージョンを作成したと非難しました。 彼は作成する許可を持っていなかった。 また、AtGamesが本質的に ずれ バンダイナムコからライセンスを取得するために会社が要求したものから。

ミズ・パックマン

AtGamesによる2つの異なるバージョンのパックマンの配布と、バンダイナムコに属するブランド、名前、製品の圧倒的な使用、およびその結果としてのユーザー、メディア、 プレス彼らはバンダイナムコの評判と誠実さに取り返しのつかない損害を与えました」、論争を読む。

Bandaiは、AtGamesがMs. Pac-Manの独自のバージョンを作成するためのライセンスを繰り返し取得しようとしたこと、およびその要求は 明示的に拒否 二回以上。 しかし、ノーが繰り返されたにもかかわらず、同社は未承認のゲームを作成していました。バンダイは、潜在的な顧客と現在の顧客を混乱させることを目指しています。

しかし、それだけではありません。AtGamesは、 虚偽の情報 WalmartやGameStopなどの小売業者に対して、ライセンスの真実性について パックさんマン、実際には「いかなる方法でも、また世界のどの地域でも、その知的財産を使用する許可を得たことはありません。「バンダイの説明。

ミズ・パックマン

AtGamesの虚偽の陳述は、バンダイナムコの小売業者や流通会社との関係を損なう危険性があるだけでなく、顧客に悪い光を投げかけています。「、その後、法的紛争が続きます。

バンダイナムコが達成しようとしているのは差止命令 AtGamesのゲームの販売または制作について ミズ・パックマン 損害賠償および著作権侵害による利益の損失に対する補償。