Appleの後も Google 自分で投げる 購読サービス スマートフォンのプレイヤー専用。 マウンテンビュー社は確かに 明らかに 正式に プレイパス Apple Arcadeに似たサービスを提供しますが、価格はさらにアグレッシブです。

Google Playパスには費用がかかります 1か月あたり4,99ドル、最初の12か月間は月に1,99ドルで提供開始:各サブスクリプションにアクセスできます 最大6人のメンバー 家族と関連するすべてのアプリとゲームの 広告やアプリ内購入なし。

これは、サブスクリプションに含まれるゲームの部分的なリストで、350タイトルまで表示されます。

  • .projekt
  • 60秒! アトミックアドベンチャー
  • 80日間
  • 絶対ドリフト
  • AccuWeather
  • エージェントA:変装したパズル
  • Polytopiaの戦い
  • ブリッジコンストラクタ:ポータル
  • バグブッチャー
  • CamToPlan
  • カメレオンラン
  • 死乗
  • ドアキッカーズ
  • Eloh
  • Evoland
  • フレームを選ぶ
  • Game Dev Tycoon
  • グリムレジェンド:見捨てられた花嫁
  • 隠された人々
  • 重装歩兵
  • ISS HD Live:ライブEarthを見る
  • キングスリーグ:オデッセイ
  • 光ピア
  • リンボー
  • ルミノシティー
  • ミニメトロ
  • モニュメントバレー2
  • オールドマンズ・ジャーニー
  • もう一つの行
  • フォトスタジオプロ
  • ピックステッチ
  • ポケットシティ
  • GOTの​​統治
  • リスク
  • サゴミニペットカフェ
  • シャドウファイト2スペシャルエディション
  • スローモーションビデオFX
  • 魔術
  • スターウォーズ:KOTOR
  • Stardewバレー
  • スージーキューブ
  • Swordigo
  • Terraria
  • シンブル状の花を付ける植物公園
  • これは警察です
  • トーマスと仲間たち:レースオン!
  • タイニーバン・ストーリー
  • タイニーガーディアン
  • タイタンクエスト
  • トカミステリーハウス
  • TOCA自然
  • 調整可能:音楽練習ツール
  • わがままな魂

Apple Arcadeとのもう1つの違いは、Play Pass 独占ゲームは含まれません、ただし、タイトルは既にPlayストアで入手可能であり、必ずしも定期購入しなくても購入可能です。

間の闘争 Google また、Appleはスマートフォンでのビデオゲームの分野でもスタートしました。誰が勝ちますか?