のリリース 死座礁 PS4で予定されている8 11月。 一方、小島秀夫は、ゲームのテーマと彼の個人的なプロジェクトについて話をしました。 日本のデザイナーの言葉によると、「Death Strandingは新しいジャンルの始まりを示します「著者が定義したもの」ストランドゲーム。「そしてこの理由から、小島によると、この新しいジャンルのゲームが提供できる可能性をよりよく探求するには、Death Strandingの新しいプロジェクトが必要だ。

GameSpotと話し、小島はこのタイトルだけでは十分ではないだろうと言った ストランドゲーム 彼が市場で彼らに望む永続性。 これは、コンセプトとゲームのアイデアが彼にとって、そしてタイトルに近づくユーザーにとって未踏の領域だからです。

したがって、Death Strandingで行われたのは、より大きなものの基礎に過ぎず、小島自身が時間の経過とともに洗練し洗練していきたいと思っています。 ほのめかします 死の座礁の続編.

よくわからない「彼は、彼の最新の努力が実際のシリーズになる可能性について述べました。 "新しいものを作成するときに最も難しい部分は、続編を作成し、場合によっては3番目の章を作成する必要があることです。

死座礁

このゲームが出てくると、多くの長所と短所がありますが、続編を作り続ける方が良いと思います」、続く小島。 そして、Death Strandingの一部を修正する必要性を確認しながら(または、フォローアップの可能性もある)、著者は他のプロジェクトにも取り組んでいると主張しました。

はい。おそらく、Death Strandingの1.5バージョンまたは第2章が必要になる可能性があります。そのため、ファンに本物のジャンルとして刻印されたままになります。 しかし、テレビシリーズなどのような多くのプロジェクトが燃えています。 本当にやることがたくさんある。 "

しかし、すべてがまだ決定的に決定されているわけではありません。 "物理的に私はただの人間であり、私が関わっているプロジェクトが本当にたくさんあるので、私は確実に何も言うことができません。 たくさんのものをまとめて管理するのは本当に難しいかもしれません.

ちなみに、小島は決して隠れなかった 自分のゲームを完全に理解していない、そのゲームプレイとその機能は新しいものだからです。 しかし、彼は、デスストランディングは本質的に「OMOIYARI」と理解できる 「他者への思いやり。

デス・ストランディングは、東京ゲームショウ2019で大きな存在感を示しました。小島は、ゲームのさまざまな側面を見せるためにステージに何度も登場しました。 これらの中には、Death Strandingのコアゲームプレイがあり、 セーフハウスの運営.

注釈

答え