の公式ウェブサイトで公開された最近のインタビュー中に スクウェア・エニックス、 日本の巨人の社長 松田洋介 次のように述べました: "Luminous Productionsを立ち上げた当初は、主にFinal Fantasy XVの背後にいるスタッフで構成されていました。 スタジオは日本にあり、スクウェア・エニックス傘下の他のチームとは異なる独自のスタジオを持っています。 私の希望は、世界中のプレイヤーの期待に応えることができる高品質のゲームを作成できるスタジオに進化できることです。」 松田は、ゲームの作成について次のように述べています。チームは現在、新しい知的財産Triple Aに取り組んでいます。」

荒俣剛、上司 光るプロダクション彼は付け加えた: 「当社のプロジェクトの数に関しては、グラフィックエンジンと研究開発部門の開発を含む複数のアクティブな生産ラインがあります。。 "

その後、荒牧武史は次のように述べて締めくくった。 「みんな知っているように、スクウェア・エニックスには、ファイナルファンタジーやドラゴンクエストのような非常に人気のあるゲームがたくさんあります。 ルミナスプロダクションの目的は、後者と同じレベルの新しいタイトルを開発することです。 世界中に販売できる新しいIPを一般に提供したいと考えています。」