大友勝弘 に基づいて新しいアニメシリーズを発表しました 。 期間中に開催されたパネルで話すアニメエキスポロサンゼルスで行われている、大友は、シリーズが彼の漫画に基づいていることを確認しました。

1988のAkiraは映画業界の基本的な作品と見なされていますが、それはマンガシリーズの改作であり、したがって映画の時代に適したタイムラインにそれを適合させるためにシリーズを切り捨てます。 アキラ漫画は物語に含まれる様々なキャラクターのより深い見方を提供し、ポスト黙示録的な新東京都での戦いの間に現れる政治的、社会的、そして個人的なテーマをより深く探求します。 新しいシリーズは漫画をより忠実に適応させるでしょう。

パネルの間にまた来るべき元の1988フィルムの話がありました 4Kにリマスター。 それはパネルの間に簡単に示されていて、仕事中です 日の出、アニメスタジオ、日本制作 バンダイナムコ。 4Kリマスターは春に日本で出版されるべきです。

しかし、大友の次の大きなプロジェクトは 軌道時代、サンライズとのコラボレーションで常に作られる映画。 説明は次のとおりです。

計画は近い将来、建設中の宇宙植民地の上で行われ、運命に投げられながら生活を続けているこの特定の環境と社会の何人かの子供たちとの冒険と行動の物語です。 人類の本当の未来は、それらの子供たちの視点を通して表現されるでしょう。

あなたは見ることができます トレーラー by by Orbital映画の雰囲気を知るためにちょうど下にありました。

Taika Waititi監督の実写版も制作中です。 新しいアニメのように、Waititiは映画を作るためにマンガに頼っています。