彼の約3ヶ月後 広告, Google Stadia 戻ってくる 見えます そしてそれは、消費者に購入を説得するのに必要なすべての情報を世界に提供することによってこれを行います。 Stadiaは当初、世界の14か国にのみ到着する予定ですが、幸いなことに、イタリア これらの間に含まれています。

Googleサービスは、次のようなさまざまなデバイスで使用できます。 TV, デスクトップコンピュータ e ノートパソコン, タブレット e ピクセルスマートフォン (3 / 3 XLおよび3a / 3a XL)。 PCの2020からはChromeブラウザで十分です。スマートフォンの場合は適切なアプリをダウンロードするのに十分であり、TVの場合はChromecast Ultraが必要です。

Google Stadiaが提供する予定 2種類の購読:

  • スタディアプロ月額9,99ユーロのコストから、4K HDR品質、60 FPSおよび5.1サラウンドサウンドを保証します。 Destiny 2コレクションのように、ゲームはいつでも購入することができ、一部は無料になります。
  • スタジアベース 代わりに毎月の費用はかかりません。単にゲームを個別に購入するだけです。 この場合、最高品質は1080 FPSとステレオオーディオの60pに制限されます。 無料のゲームや割引はありません。

I ゲーム これまでに発表され、発売される予定は以下の通りです。

  • ドラゴンボールXENOVERSE 2
  • DOOM Eternal
  • Wolfenstein:ヤングブラッド
  • サンパー
  • NBA 2K
  • Destiny 2(新しいShadowkeep拡張を含む)
  • エルダースクロールオンライン
  • クルー2
  • ディビジョン2
  • パワーレンジャー:グリッドのための戦い
  • RAGE 2
  • 【EXCLUSIVE PC /スタディア】Baldur's Gate 3
  • メトロ・エクソダス
  • GRID
  • サムライスピリッツ
  • フットボールマネージャー2020
  • 荷造り
  • トライアル上昇
  • 国境3
  • 農業シミュレータ19
  • Mortal Kombat 11
  • ファイナルファンタジーXV
  • [排他的]ジルト
  • アサシンクリードオデッセイ
  • ゴーストリコンブレイクポイント
  • トゥームレイダートリロジー
  • ダークサイダーズジェネシス
  • ジャストダンス2020

現在、公式サイトでは、購入することができます スタディアファウンダーズエディション129ユーロの価格で、Google Chromecast Ultra、限定版のStadiaコントローラーNight Blue、Stadia Proの3か月購読、さらに3つの友人への提供を提供する。 さらに、Founder's Editionを購入したプレーヤーには 排他的な "創設者"のゲームターゲット そして、彼らはすぐにDestiny 2コレクションをすべての拡張、シーズンパス、そしてあなたが他のプラットフォームでゲームを持っているならあなたのキャラクターを移す可能性を持っているでしょう。

大事なことを言い忘れましたが、私は 帯域幅の要件 必要。 彼らが要求されているパフォーマンスを最大限に発揮するために ダウンロードでは35 Mbps、アップロードでは1 Mbps。 いずれにせよ、問題なく(720p / 60 fpsとステレオオーディオに)再生するには、10 Mbpsが推奨されます。 1080p HDRの場合は、20 Mbpsが必要です。

価格と要求された帯域の両方において、法外な数ではありません。 セカンドゲームについてどう思いますか? Google?