デビルメイクライは、あなたがファンであるかどうかにかかわらず、彼の戦いやキャラクターのスタイルにより、よく知られたシリーズです。 このすべてについて、私たちはいつもの秀明に感謝しなければなりません。

最近、私たちは、成功したDevil May Cryシリーズのゲームディレクター、五野英明氏、 彼はカプコンを去ることを考えたら。 何故ですか? シリーズの3回目の分割払いが突破に失敗した場合は、そのときItsunoは未来のための新しい計画と共に去っていたでしょう。

これはどうやって起こったのですか? 正確にはDevil May Cry 2002の開発中に2に戻る必要があります。 最初の章の続編は神谷秀樹の指示なしに制作された そしてこれは開発者にとって大きな問題となりました。

あなたが想像できるように、ゲームの開発を修正する仕事はItsunoに与えられたが、チームへの彼の導入にもかかわらず、彼はゲームに正しいコースを与えることができるには遅すぎた。 幸い、Itsunoは、Devil May Cry 3での作業中にのみ、格闘ゲームでの彼の経験を利用することができました。

「それが上手く受け取られないならば、それが上手く売れないならば、それはそれだけです」 少年に言われたように、彼はその時に言った。 保護者。 「私達はカプコンを去り、他の何かをしなければならない」

幸いなことに、販売と批判の両面でDevil May Cry 3が成功したことで、話がどのように終わったかがわかります。 3番目の章が成功したおかげで、ItsunoはDragonのDogmaのディレクターでもあり、最近のもの(それは根拠が長いとは言えません)のDevil May Cry 5でもあり、これもデーモンハンターシリーズにとって大成功です。

Dante、Nero、そしてcompanyの悪用の第5章を見逃した場合は、ここにあります。 レビュー デビルメイクライ5によって。