インタビューでは、 テレグラフ、宮崎秀隆 - 魂シリーズの尊敬された作家、Bloodborneと予想されたSekiro:Shadows Die Twice-はある特定のものを隠さなかった バトルロワイヤルのジャンルに夢中「このタイプのゲームはとても楽しいです」彼は日本のデザイナーを宣言し、From Softwareが貢献できる可能性について質問した。 「私たちは彼らが発展している方法に非常に感銘を受けています。それを大事にしていれば、その意味合いは確かに異なるでしょう。 しかし私達は本当に興味があります、そして この可能性は確かに将来排除されるべきではありません。 私たちは本当にいつかそのジャンルで自分自身をテストしたいと思います。」 要するに、特に著者が最もよく知られている主なジャンルを考えるならば、それらの予想外で珍しい声明のうちの1つ。 インタビューの中で、宮崎氏は続いてシングルプレイヤーゲーム(Devil May Cry VとGod of Warに言及している)の高レベルのプロダクションについて話し続け、彼によると、バトルロイヤルにはもっと多様なゲームプレイが必要だという。 それから、クレイモアの最後のショットで、おそらく他のプレイヤーとの戦いに期待して、日本の監督の次のステップがどうなるかを見るでしょう。