それから21日後 プレイステーションクラシック、日本の会社の栄光の最初の家庭用コンソールの20の多かれ少なかれ有名なタイトルを集めるソニーのコンソールは市場に到着しました 表示価格はすでに下げられています 30ドルから、公式の99,99ドルから69,95ドルまで。

この低下の成果は確かに 売れ行きが悪い:日本では、例えば、デバイスは 120.000ユニットのみSNES Miniが同じ期間に行ったことの3分の1。

おそらく即座に批判されたソフトウェアパークの選択、そして優れたエミュレータの使用(オープンソースでありインターネットから自由にダウンロード可能であるにもかかわらず)が、エミュレーションと快適な経験をしたすべての追加オプションを奪われているすべて "このコンソールの失敗.

今後も同じになるかどうか見ていきます ソニー 値下げを正式にする いずれにせよ最初のミニコンソール実験は プレイステーションクラシック それは間違っていました。