ゲームフリークの元デザイナー 西田敦子 彼は日本の新聞読売に、世界で最も有名なマスコットの一つであるポケモン ピカチュウ.

ピカチュウはゲームの中で黄色いモンスターとして理にかなっているマウスに似ているために、元々豊かな化身であったものと比べて、時間の経過とともにピカチュウが間違いなく薄くなっていることに気付きました レッドポケモン e グリーンポケモン、それは 電気マウス。 しかし、今日私たちは西田がそれを元々設計した後にのみ起こったことを知ります。 デザイナーは読売新聞に次のように翻訳した Kotaku:

その時、彼はリスだったので、私はキャラクターが頬を膨らませたかったのです。 リスの尾はいいです(私はそれが尾を持っていたかったので)。 しかし、私はキャラクターにフラッシュ要素を持たせたかったので、私はそれを雷のようにしました。

西田はまた、ポケモンの象徴的な頬は、ピカチュウが電気で行うのと同じように、リスが食べ物で口を満たす方法に基づいていると説明している。 ゲームフリークの創始者、田尻聡はピカチュウの名をとってポケモンをマウスに分類し、世界の有名なげっ歯類にしました。

注釈

答え