私たちはしばしば、 マイクロトランザクションどのようにこれらが狂乱の握りのプレーヤーが賭けることで起こるように、あまりにも不条理な数字を費やすことによってコントロールすることができないのを防ぐために何らかの方法で規制されるべきであるか。

これはちょうどソニーのフリー・トゥ・プレイをしている日本人に起こったことです フェイト/グランド注文、彼はとてもうまく過ごすことにとても執着していた アプリ内購入の70.000ドル、のサービスによって報告された ウォールストリートジャーナル.

日本の31enneはDaigoと呼ばれ、時間の経過と共に発展しています 本当の中毒睡眠などの生理的ニーズを考えるのではなく、何時間も遊ぶことを好む。 ウォールストリートジャーナルは、 Fate / Grand Orderは、より多くの収益を生み出したソニーのゲームです これに対して、この新聞は同じ日本企業と連絡を取り、この話をどのように考えていたのかを知っているが、ソニーはコメントしたくなかった。

繊細な状況は、おそらく深刻なことを考慮する必要があります。 フリー・トゥ・プレイのタイトルと、後者の収益の伸び.