東京RPG工場 内部開発者の研究 スクウェア·エニックス 古典的な日本のロールプレイングゲームを、彼らがしばらくの間見られなかったように生き生きとさせる正確な目的で生まれました。 ファイナルファンタジー e クロノトリガー。 人生の最初の年にノスタルジックな研究が行われた最初のプロジェクトは、 私は刹那ですヨーロッパでも光を見ている雪の世界で動く物語 プレイステーション4, スチーム e 任天堂スイッチ (デジタル形式でのみ)、そのような愛好家の間で慎重な成功を収めています。

今日、Yellow Penny Companyは、スタジオによる新しいタイトルの作品の開始を正式に発表しました。 ロススフィア、すぐに来る 2018の早い月に 同じSetsunaプラットフォームで約50ユーロの費用を支払うことになります。 ゲームはスタジオの最初のタイトルの仕組みを改善し、アクティブタイムバトル さまざまなSetsuna環境を備えた探索可能な世界を紹介しています。記事のキューにある広告トレーラーに感心します。

この冒険では、私たちは カナタ彼の故郷と一緒に目を覚ます若い男は姿を消した。 彼の友人と一緒に、彼は思い出を通って世界を救う旅に乗り出す必要があります。

ロススフィア デジタル形式で出てくるだけでなく、PS4とNintendo Switchの小売り形式でオンラインストアで購入することができます スクウェア·エニックスこれは、予約のためのボーナスとして、によって生成されたサウンドトラックの2つのトラックを提供する 三好友紀、前のゲームの音楽の作者であった。

LOST SPHEAR - 広告予告編

ソース