小島秀夫 ついに昨日、彼の新しいスタジオのツアー中に 東京実際にインタビューを行った ラジオ1 Newsbeat (サイトで報告された BBC)を選択すると、最も顕著な部分が選択されます。 彼女は特に、新しいゲーム "死座礁"そしてコナミの経験。 お楽しみください!

「私は30年にコナミのために働いていたと私は感謝そんなに作られた/経験を取得しています。」12月2015にコナミから出た後、今「小島プロダクション」と呼ばれる彼自身のスタジオを持っていることを思い出してください。

「今、 私にはもっと自由がある 最終的な選択肢は私のためであり、株式市場では引用されていないので、投資家に会ってはならないし、良いゲームを作ることだけに集中できる」 音楽との比較は、レコードレーベルの制約と、多くのアーティストが独立して選ぶ理由の中で、自発的です。 比較後、彼はないし、彼自身、(ちょうど)死座礁話:「我々はゲームを簡単に理解されるべきではなく、1,2時間後に顔が別の何かをしたい輝きを。 彼らは前に遊んだもののように見えません""歴史に残っているバンドは、危険にさらされているバンドです。彼らは常に音楽を変え、時間とともに適応し、進化していきます。 彼らは古いファンを失うことができますが、彼らは常に新しいファンを持つことを知っています。 これが私のアプローチです」

間違いなく間違いない。 それも私を誘惑し始めます。

小島秀夫
主人が私たちを落としてくれるのですか、それとも私たちに叙事詩をもう一度見せてくれるでしょうか?

「人々は、再生可能な映画や、より多くの映画コンテンツへのアクセスをユーザーに与えるゲームなど、さまざまな要素を組み合わせたエンターテインメントに焦点を当てることを好むようになりました。

バーチャルリアリティでは、彼はこう言います: "ゲーム 改善する必要があります: 彼らはまだ彼らの可能性を利用しておらず、プレイヤーにとって新しい感情につながる可能性がある」 これはあまり予測できません。

結論は、彼の本質を私に思い出させます:「私の好きな活動は、物事を作り、行うことです。 死の門の上でさえ、私は確かに何かを創造するでしょう、これは人生が私のために意味するものなのですから」

いつものように、何を言いたいのですか? 小島秀夫 決して平凡ではない。 私たちは、見て 死座礁 不本意で。