発売から一ヶ月も経っていない、e キングダムハーツIII すでに成功しています。 500万部が売れました。 しかし、スクウェア・エニックスはその栄誉に賛同しておらず、今後の展望を語っています。 示された 公表する意向 重要なゲーム 2019の最後の月に。 松田氏は、自分がどのゲームについて話しているのかを明らかにしていなかったが、別の手がかりを付け加えた。次のE3版では重要なニュースがあるだろう。

スクウェアエニックスの財務予測は松田の言葉を裏付ける:同社が作成した財務報告書は1つを提供する 強い成長 2020会計年度の場合、およびこれが一部原因と考えられる場合 キングダムハーツ3世の成功へ それはまたそれ以上の可能性のある手がかりです:スクエアエニックスは計画があります 大きなもの 年末に向けて。 2019での打ち上げ候補のリストは非常に限られているため、確認がない場合でも、次のように推測できます。 最も可能性の高い候補者 実際には2つです。 アベンジャーズプロジェクト そしてのリメイク ファイナルファンタジーVII.

どちらの場合も、これらは有価証券です。 とても期待しています。 あたり ファイナルファンタジーVIIただし、開発期間は出版日を示唆します。 2020に従ってください。 しかし、出版するつもりならば リメイク とともに エピソード形式 年末までに最初のエピソードが出版の準備ができているのを見ることは不可能ではないかもしれません。 もう一人の候補者、 アベンジャーズプロジェクト、名前のようです もっとありそうです。 2019はMarvelフィルムプログラミングにとって重要な年になるでしょう。 スパイダーマン、年内のデビューへのインセンティブ クリスマスのお祝い - 彼らはすべてそこにいます

E3を特別に見て、さらなる開発を待つ必要があります。

注釈

答え

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください