ファミ通、歴史的な日本のビデオゲーム誌は、それらが示されているレポートを公開しました 10の2018ベストセラーゲームと主要コンソールの売上データ。 明らかに情報はもっぱら日本の領土に関するものです。

ニンテンドースイッチは、今年のベストセラーコンソールであることが判明、ほぼ立つ単位の量で、 300万人。 それは4プレイステーションに従い、100万以上のユニットが販売されています。 今年は日本では15.000のコピーしか販売しなかったであろうXbox Oneに代わって悲惨な結果が、それは悪名高いことに知られていますが日の出の国でマイクロソフトはゲーマーを大きくつかみません。

最も売れているビデオゲームのデータから、しかし、我々はそれがいかにあるかに気づく モンスターハンターワールド 最も成功したタイトル, 非常に少ない スーパースマッシュブラザーズアルティメット。 1月に発表されたモンスターハンターワールドとは異なり、タイトルが年末に発表されたことを考えると、Smashの素晴らしい結果。 3位 ポケモンみましょうピカチュウに行こう! e イーブイしよう!。 以下に、Nintendo Switchのほぼ独占的なタイトルを見ることができるトップの10があります。 これは売上の見積もりであるため、結果が不正確になる可能性があることをお知らせします。

  1. モンスターハンターワールド (2,859,784)
  2. スーパースマッシュブラザーズアルティメット (2,669,884)
  3. ポケットモンスターピカチュウに行こう! /イーブイしよう! (1,361,622)
  4. スプラトゥーン2 (1,190,954)
  5. マリオカート8デラックス (1,002,692)
  6. スーパーマリオパーティー (827,592)
  7. カービー:スターアライズ (720,919)
  8. Minecraftの:任天堂スイッチ版 (691,317)
  9. デューティオブコール:ブラックオプス4 (624,969)
  10. スーパーマリオオディシー (597,946)

注釈

答え

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください