優れたハイラル戦士伝説とファイアーエンブレム戦士たちの間には、 ニンテンドー e コーエーテクモそれは、日本のソフトウェアハウスがここでやめたくないということです マリオ.

それを宣言するには 鯉沼久志、コエイテクモの社長、インタビューの中で Kotaku:

私はマリオと一緒にゲームをする機会を得たいと思っています。 彼は私が子供のころから演奏してきた人物です。もし私が今彼と何かしたら、本当にうれしいでしょう。

ある キノコの王国にセットされた麦芽 バトル王国:想像力をいじめることができ、任天堂はマリオ+ラビッツを含め、多くの驚きに私たちを慣れた近年のようにマリオとシリーズのように非定型ゲームの種類に従事し、同社は、やや難しいようです参照してください。

注釈

答え

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください